【自転車キャンプツーリング】厳冬期北海道装備一覧(キャンプギア編)苫小牧~年越宗谷岬自転車旅

こんにちはネギトロです。
少し時間が経ってしまいましたが、年末の厳冬期北海道、年越し宗谷岬自転車旅を達成した際に採用したキャンプギアについて紹介していきます。

冬山登山の装備を中心にアライテントやイスカのシュラフ、サーマレストなどのマットを中心にセレクトしています。また、バイクパッキングのみで完結させるため軽量かつコンパクトな製品を選びました。

温玉ネギトロの主な経歴

  • 自転車歴15年以上。
  • 大学ではサイクリングサークルに所属。
  • ソロで自転車海外10カ国以上来訪。
  • 最近はロングライドを中心に行う。
  • 2023年ランドナーでブルベSR獲得。
  • ヴィンテージ自転車のレストアなどが趣味。
  • 自転車厳冬期北海道縦断

ウェア編はこちら!

【自転車キャンプツーリング】厳冬期北海道装備一覧(キャンプギア編)苫小牧~年越宗谷岬自転車旅
末の年越し宗谷岬及び厳冬期北海道自転車旅を達成した際に採用したキャンプギアについて紹介していきます。 冬山登山の装備を中心にアライテントやイスカ、サーマレストなどを中心にセレクトしています。また、バイクパッキングのみで完結させるため軽量かつコンパクトな製品を選びました。

自転車ギア・パッキング編はこちら

【自転車キャンプツーリング】厳冬期北海道装備一覧(自転車・パッキング編)苫小牧~年越宗谷岬自転車旅
今回は2023年の年末から2024年の年始にかけて、厳冬期北海道・年越し宗谷岬を自転車で走行した際の自転車やパッキング装備について備忘録も兼ねて記事を残しておきます。本記事を参考に冬の北海道にも是非チャレンジしてみてください!

走行環境

走行ルート:苫小牧〜幌加内〜宗谷岬
天気:初日、6日目、7日目快晴
   2日〜4日目 雪or吹雪
   5日目 みぞれ
気温:最高気温:5日目 0℃
   最低気温:7日目 −16℃
日の出:7時
日の入:16時30分

積雪状況:基本的には除雪されている
一部歩道などでは除雪が追いついておらず、走行不可の場面はあり。

装備選定に対する考え方

基本的には最悪の状況である、
吹雪、−30℃、暴風の状況下を想定し、
それに耐えうる装備を選定しました。
実際には上記の条件が揃うことはありませんでしたが
その分心理的余裕を持って挑むことができました。
基本的には冬山登山装備を中心にセレクト。

一方で今回は初めての冬北海道のため、機動力向上を重視し、バイクパッキングを採用。そのためキャンプギアの軽量化とコンパクト化には注力しました。

テント・フライシート

アライテントエアライズ2

冬用外貼り(フライシート)

購入動機

海外を含むキャンプツーリングを行うにあたり、拡張性が高く、丈夫なテントかつ収納サイズがコンパクトな本製品を購入しました。登山をする方がよく使われており、ポールの一本単位で入手ができたり、リペアパーツが非常に豊富で使い勝手が良いです。

基本的に本製品をメインのテントとして使用しているため、フライシートを冬用外貼りに変更してアサインです。冬の北海道では風が強いことを想定して本製品を選定しました。

製品情報

詳細情報についてはこの記事をどうぞ!

【レビュー】ARAI TENT アライテント エアライズ2×キャンプツーリング、自転車旅
今回は私が普段愛用しているアライテント(ARAI TENT)エアライズ2についてレビューしていこうと思います。自転車旅・キャンプツーリングとエアライズ2の親和性、インプレについて細かく紹介していきます。

感想

結果として、本製品を選択してよかったなと思っています。年越し宗谷岬に参加するに当たり、非常に風が強い中テントを貼る必要があり、エアライズ2の強みが最大限活かされたと思います。また、冬用外貼りの端を雪に埋めることで、明らかに他のテントより安定して自立していました。今回はバイクパッキングにて使用しましたが、収納も気になるサイズではないので、次回参加する場合も本製品を採用すると思います。

ちなみに年越し宗谷岬では同じテントを使っている方がちらほらいました。それだけ支持をされているということなんだろうと思います。

スノーペグ

購入動機

元々初めて雪上キャンプをする際にお試しにと思い購入しました。値段が安いためそこまで期待していませんでしたが、意外と柔らかい砂地や雪の上でもしっかりと活躍することを雪中キャンプで確認していたため、本製品を今回は持っていきました。普通のペグでは雪の上では抜けやすくなってしまうため、面積が広いスノーペグの使用をおすすめします。

感想

使用したのは年越し宗谷岬のみですが、問題なく活躍してくれました。周りの自転車乗りの方はスノーペグを用意している方は少なかったですが、設営の際にしっかりとグリップして刺さってくれるため、設営時間の短縮と撤退時も普通のペグより素早く抜くことができました。冬の北海道にはスノーペグは持っていったほうがいいと思いますよ。

シュラフ

ISKAエアドライト860 Air Dryght 860

購入動機

冬用のシュラフではナンガオーロラ600DXを使用しているのですが、-10度ではしっかり寝ることができるのですが、-15度になってくると寒さを感じるため購入しました。本製品を選んだ理由としては対応気温帯の割にコンパクトで予算的にも5万円台とギリギリ値段が届きやすいということで選びました。初めての冬北海道ということもあり、天気予報を見えていて-20℃以下になる地域もチラホラ見たので最高クラスの暖かさをと思い本製品を選んだのもあります。

【レビュー】NANGA AURORA 600DXで冬の自転車旅・キャンプツーリング
こんにちは温玉ねぎとろです。今回は私が冬のキャンプツーリング・自転車旅で愛用しているNANGA AURORA600DXのインプレと紹介をしていきたいと思います。値段と収納サイズを考えればコスパはいいシュラフだと思います。自転車キャンプツーリングなどにも親和性は高いと思います。

 

感想

今回は最低気温が-16度止まりだったため、まだ本製品の限界点は試せていません。一方で冷え切った体でも寝袋にさえ入ってしまえば暖かく寝れるという安心感は他に代えがたいものがありました。また、収納サイズに関してもISUKAのコンプレッションバッグMサイズに入り、結果的にはそこまで大きくならなかったというのも評価点としては大きいです。正直冬用シュラフこれ一つでだいたい行けるんじゃないかなと思ってしまいました。もちろん0℃付近だと暑いんですが、逆に-6℃とかであればテントなしでもぐっすり眠れました。

マット

THERMAREST NeoAir XTherm サーマレスト ネオエアーXサーモ

 

購入動機

以前から雪上キャンプは何度もしており、その際はTHERMAREST (プロライト)を使用していました。しかし、雪上では地面からの冷気が透過してくるため、よりR値が高い製品をと思い、現状ほぼ最強スペックの本製品を選びました。最強スペックでありながらも収納サイズとしては上記の製品より小さかったのも本製品を選定した理由になります。最強すぎる。

感想

年越し宗谷岬の自転車参加者でも本製品を使用している人は多かったです。個人的に収納サイズもコンパクトで、膨らます際にも付属の空気袋を使用すると3分くらいで設営が完了するため、設営→収納までも素早くおこなえます。当然R値7台の数値は伊達ではなく、下からの冷気もしっかりと防ぎ切ってくれます。値段は少し高いですが、非の打ち所はないです。迷ったら本製品を使っておきましょう。

バーナー

JETBOIL MICROMO ジェットボイル マイクロモ

 

購入動機

収納サイズがコンパクトで低温下でも使用できるサーモレギュレーター搭載モデルをということで本製品を選択しました。本製品100gのガス缶であれば中にスタッキングして収納できるのもポイントです。クッカーについては直径の大きさに頭を悩ませていましたが、下記のようにフレームバッグに入る直径サイズという点がGOODです。ガソリンバーナーとどちらにしようか迷ってこちらを購入しました。(飛行機で北海道に向かう場合はガソリンは手間が増えるため)

感想

年越し宗谷岬の際には気温が-10℃かつ風速も10メートル以上と厳しい環境でしたが、問題なく動作してくれました。JETBOILの名に恥じない活躍で、周りの自転車参加者が持ってきていたバーナーでは沸騰に時間がかかっていましたが、私のMICROMOだけ一瞬で沸騰していました。笑

収納についてもフレームバッグの中に収納をしても嵩張るということもなくペダリング時に足に干渉しませんでした。まさに求めていたサイズ感のバーナーです。

水筒

THERMOSサーモスFJF-580

 

購入動機

主に保冷と保温の両方の声質を持ちボトルケージに収納可能という点で本製品を選びました。

購入した詳細については下記を参照ください。

【レビュー】暑さ対策に!サイクリング THERMOSサーモスFJF-580 保冷・保温兼用真空断熱ケータイマグ
【THERMOSサーモスFJF-580】のレビュー。保温と保冷の両面で大活躍している。

感想

本製品については-5℃を切ってしまうと保温性能が長時間は持続しないなと感じました。朝買った温かい飲み物が夕方には内部で凍ってしまうなどがあり、厳冬期の北海道では少し役不足でした。とは言いつつも普段の冬のライドやキャンプでは大活躍しているいい製品だと思います。次回北海道に向かう際は登山用の保温に特化した水筒を購入したいですね。

まとめ

荷物をパッキングした様子。

感想

テント・寝袋・マット・バーナーについては狙い通りの活躍をしてくれました。一方で気温-20度以下を想定していたため、今回は各装備の性能の底を見ることはできませんでした。次回は道東を走ることで更に最低気温が低い環境でどこまで通用するか試していきたいと思っています。水筒だけは次回は変更予定です。凍ってしまった飲み物を溶かすために余計なガスと時間を使ってしまったのが反省です。

あればよかった物

宗谷岬にて自転車組にてスコップで設営場所を造成。

主に反省ですが、折りたたみ式のスコップとペグハンマーは用意しておいたほうが良いです。宗谷岬ではその場で一緒になった自転車組と協力をして雪の壁と整地を行いましたが、その際にスコップを持っている人が大活躍していました。ペグハンマーも同様に整地後にしっかりと差し込むためにはあったほうが良いと思います。私は普段は軽量化のため、石や足で差し込むのですが、宗谷岬のような環境では一刻も早く設営を終えたほうが良いので、持っていったほうが良いと思います。

この記事を見て厳冬期北海道サイクリングに挑戦される方はしっかりと予行演習を行い、自身の耐寒性や寒さの感じ方を把握した上で挑戦してください。

装備にはお金がかかりますが、その分冬の北海道でしか見ることができない景色や体験があります。ご安全に!

 

温玉ネギトロ

厳冬期北海道・年越し宗谷岬の関連記事はこちら

【自転車キャンプツーリング】厳冬期北海道装備一覧(ウェア編)苫小牧~年越宗谷岬自転車旅
今回は先日走行した冬北海道を走った際のウェアについて備忘録も兼ねて記事を残しておきます。自転車で厳冬期北海道に挑戦したい方や年越し宗谷岬に自転車で行かれる方は参考にしていただければ幸いです。
【自転車キャンプツーリング】厳冬期北海道装備一覧(自転車・パッキング編)苫小牧~年越宗谷岬自転車旅
今回は2023年の年末から2024年の年始にかけて、厳冬期北海道・年越し宗谷岬を自転車で走行した際の自転車やパッキング装備について備忘録も兼ねて記事を残しておきます。本記事を参考に冬の北海道にも是非チャレンジしてみてください!

参考記事・おすすめ記事

準備にあたりSKさんの記事を参考にさせていただ来ました。おそらくこの記事にたどり着いてる方はすでに読まれていると思いますが必読です。

自転車での年越し宗谷岬ライドまとめ|931㎞/6日間の記録 | ぼっちと孤高の分かれ道
去年の話になってしまうけど、僕は2018→2019年の年越し宗谷岬に自転車で参加した。 苫小牧港⇔宗谷岬の往復

年越し宗谷岬でお会いしたかけるさんの記事も参考になりますので是非参考にしてみてください。

https://sekisaicling.com/tosikosi-soya/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました